地デジアンテナを確実に付けたいならプロを呼ぼう

テレビ映りのアクシデント

作業者

故障の可能性も

地デジ(地上デジタル放送)を見ていて映像が映らなくなったりブロック状になったというのならば、テレビかアンテナがおかしくなっている可能性があります。テレビ本体が不調かどうかは他のテレビを見ればすぐに分かりますので、チェックしてみると良いでしょう。もしも、他のテレビも映りがおかしいというのなら、アンテナが故障しているかもしれません。もしも、アンテナが壊れているのなら、屋内で対応できることはなく交換をおこなわなければいけません。交換は難しいと考える方がほとんどでしょうが、アンテナ工事は業者に頼めばすぐにでもおこなってもらえます。もちろん、本体一式とアンテナ工事がセットになっている場合がほとんどなので、別途アンテナを用意する必要もありません。

まずは点検から

アンテナ工事は専門の器具が必要となるため、自身で取り付けようと考えた場合は、本体の値段以外にも出費が発生します。それに加えて、もしも作業中に屋根から落ちたとしても自業自得と思われてしまうでしょう。二度と使うことのない器具の購入費用の節約と安全性を考えれば、業者に頼むことは決して高くはありません。なお、故障だと判断していきなりアンテナ工事を頼むのではなく、最初は業者に点検をお願いするといいでしょう。もしかすると、何らかのアクシデントでずれが生じただけで、調整をすればテレビが映るようになるかもしれないからです。もしも、壊れていたり老朽化が認められるのならば、改めてアンテナ工事を提案されますので、そのときは業者の方に完璧に設置してもらうと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加