地デジアンテナを確実に付けたいならプロを呼ぼう

地デジアンテナを確実に付けたいならプロを呼ぼう

自分でするのは骨が折れる

アンテナ

自分で取りつけは危険

引越ししたあと急にテレビが見えなくなった、近くに建物ができたら映らないチャンネルができたなど、地デジに移行したあと、こういった問題がよく聞かれます。アナログ時代とちがって受信感度はゼロか100ですから、戸惑う人も多いようです。多くは地デジアンテナに問題がありますが、自分で直したり、新たに設置するのはなかなか骨の折れる作業です。屋根に上がる場合は危険が付きまといますし、接続方法もいくつかあって複雑です。ですから悩みを確実に解決し、キレイな映像を見られるようにするには、やはり専門業者に地デジアンテナを取り付けてもらうのが一番でしょう。料金もはっきりしていますし、種類や家の構造に多少上下しますが、電話でも見積もりしてもらえます。

設置接続以外の相談も

もし見積もってもらった料金が納得できなければ断ることも可能です。また、ブースターなどの設置が推奨される場合には、その都度新たに料金を提示してもらえるので安心です。もちろん自分でブースターも用意してもかまいませんし、地デジアンテナを含めて業者さんにオススメ商品を聞くこともできます。地デジアンテナを取り付けてもらったあと、一定期間内に災害や自己責任以外の理由で万が一映らなくなったら、無料で修復をしてくれるところが大半です。定期的にメンテナンスを依頼すればさらに安心でしょう。設置は地デジアンテナだけじゃなく、BSアンテナの設置・接続もしてくれます。その他のテレビに関する相談もつねに受付けてくれるので、疑問があればまずは相談してみましょう。

作業者

テレビ映りのアクシデント

テレビが映らなくなって、それがアンテナが故障しているせいだと屋内の作業では解決することはできません。その場合は、アンテナ工事が必要となる可能性がありますので、まずは業者の方に点検してもらうと良いでしょう。

男女

地デジを見るのに必要

地デジアンテナ工事は危険で電波強度を調べるのが大変なため、業者に依頼する方がよいです。また、工事費用は業者や住宅のタイプにより大きく変わります。取り付けが困難なタイプだと高くなることが多いので、複数業者に見積もりをとるとよいでしょう。

アンテナ

快適なテレビ環境のために

新築の戸建てに引っ越す際に必要なのが、テレビアンテナの設置かケーブルテレビの契約です。どちらかを行わなければ新居でテレビを見ることはできません。最適なテレビアンテナの選択も設置工事も素人には難しいので、プロにお願いすることをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加